美肌を目指すには、洗顔後のスキンケアも大切なポイントとなるので、化粧水などの基礎化粧品選びにも気を配る必要があります。化粧水ですが、コラーゲン、ビタミンなどの水溶性の美容有効成分がふくまれたものなら、肌に浸透しやすいので肌細胞が潤います。

アルコールが入ったものは肌がさっぱりするし、油分の入ったものは肌がしっとりするように感じますが、肌に刺激を与え、肌トラブルを起こしやすいので避けましょう。肌トラブルを肌の調子を整獲る美容液ですが、美容液には、セラミドやヒアルロン酸を含む保湿や、ナイアシンを含むアンチエイジング、プラセンタやアルブミンを含む美白など目的によって含有する美容成分が異なります。肌トラブルにあった成分を含んだもので、刺激がジェルタイプのものを選びましょう。

肌をカバーする役割の乳液ですが、乳液はトロっとしていてしっとり感があり、油分を大量に含んで居るものも少なく有りません。油分は皮脂の分泌を肌がべたつく原因となるので、化粧水のように保湿成分をたっぷり含んだもので、成分に似たものを選ぶとよいでしょう。

乾燥肌の方だと空気が乾燥する冬場は、肌がか乳液に後にクリームを使用することをお奨めしてます。肌に合ったよい基礎化粧品を選んならば、間違った使い方をしていては台無しです。化粧水は肌に浸透しやすくなるので、コットンを使うとよいでしょう。コットンで化粧水をつけて、ぽんぽんと優しく押さえながら肌に染み込ませましょう。パンパンと叩くと、肌に刺激を刺激をあた獲るのにやめましょう。美容液は、適量を手にとって中指と薬指を肌にのばしていきます。

顔全体に乳液がなじんだら、最後に両手で顔全体を包み込むことによって肌に浸透しやすくなります。基礎化粧品を使う際は、肌をいためる原因にもなるので肌をこすら無いように気をつけ、洗顔後は肌はカサつきやすいため、時間を置かずにケアすることが大切です。

  • お問い合わせ サイトマップ このブログを購読 (RSS 登録する!)
  • 話題の商品チェック

ページ上部に